ママの振袖をお洒落にアレンジするならレンタル業者にお任せ

ピンク色の振袖

お母さんの振袖があるなら成人式に着てみよう

紺色の振袖

女性は成人式に振袖を着る人がほとんどですが、最近ではお母さんの振袖を着て成人式に出る人が見られるようになりました。お母さんの振袖が家にある人は一度出して検討してみるのも良いかもしれません。一生に一度限りの成人式なので、母親への育ててくれた感謝の気持ちと、家族の絆を大切にするという意味合いを込めて着れば、素敵な一日が迎えられることでしょう。また、今は古風なファッションも流行していて、「敢えて」着たという雰囲気を出すことができます。振袖レンタル業者に依頼して、お母さんの振袖を持って一度打ち合わせをしてみましょう。まずは振袖をチェックしてもらえます。クリーニングや染み抜き、裾直しなど、必要な箇所を確認してくれます。さらに振袖を着る時に、帯やファー、バッグなどの小物を借りることもできます。たとえ振袖の柄が気に入らなかったとしても、帯や小物で一気に雰囲気が変わり、試着してみると逆に気に入ったという声もあります。さらに髪型やメイクも施してくれるため、たとえ数十年前の振袖でも、気付かれない場合がほとんどです。また、お母さんの着物なら、レンタル品よりも気軽に着られるのもメリットです。また、お母さんの振袖を着て成人式に出れば、家族みんなが喜んでくれます。素敵な一日を迎えられます。

Choices

Update Post